ニキビ治療について

ニキビは顔の皮膚に表れることが多いので、表情が悪くなってしまうことがあります。
女性の大人であればファンデーションなどで隠してしまうこともできますが、症状は悪化の一途を辿ってしまいます。

 

そこでニキビに気づいたら早めの処置が必要となりまして、思春期ニキビか大人ニキビかでも対処法が異なってきます。
市販のニキビ用洗顔料で快方に向かう人もいれば、洗顔料が刺激となって改善しない例もありますので自己流で治していくよりも、皮膚科のお世話になってしまった方がニキビ跡を残すことなく完治できます。

 

まず皮膚科へ行ってニキビ治療についてのカウンセリングを受けます。
思春期であれば成長過程におけるホルモンバランスの変化によって皮脂の分泌が多くなり、ニキビの原因となるアクネ菌が繁殖してしまうため原因はある程度推測できますが、大人の場合はストレスや飲酒そして喫煙など外的環境の変化でニキビが発症するため、カウンセリングを通じて原因を排除しつつ治療に当たることになります。

 

顔が赤く腫れ上がっていたり、我慢できないほどの痛みがあるようなら血液検査をしてホルモンの状況をチェックすることもあるのです。

 

その後ニキビ治療の方針を策定していくのですが、方法としては飲み薬を服用するか、患部に薬剤を塗布もしくは手術などの選択肢があります。

 

ニキビ治療用の飲み薬は抗菌剤ですので種類がいくつかあるため、患者の年齢や症状など医師の判断で薬を決めます。
次にニキビ用塗り薬は抗菌剤のほか外用レチノイドやイオウ製剤などがあります。
イオウ製剤で不要な角質を排除していくことで膿を出し、外用レチノイドで毛穴に詰まった汚れを排出します。

 

手術であれば面ぽう圧出といって清潔な専用器具で毛穴の皮脂を物理的に取り出すことにします。
患者本人が爪で押し出してしまうこともありますが、ニキビ跡が残りやすいので、ここは専門医に任せたほうが安心です。

 

そしてニキビ治療が済むと、再発しないように医師のアドバイスのもと洗顔などをするようにします。
ニキビの予防やニキビ治療中のスキンケアにはニキビに効く化粧品がおすすめです。
ニキビに効くというのは、洗顔料や保湿化粧水などニキビが悪化しないようにしてくれるニキビケア化粧品です。
ニキビ化粧品参考サイト:大人ニキビ化粧品特集

 

大人ニキビ用の化粧品は、洗顔、保湿がしっかりできるものがおすすめです。


更新履歴