アクネ菌増殖を抑える体を作りニキビ治療する

ニキビは毛穴に詰まった菌が増殖する事で起こると言われており、毛穴のある所なら体中に出来る事があるものです。

 

毛穴の中でアクネ菌というニキビの原因になる菌が増殖するので、治療の為にはこのアクネ菌を増やさず、または菌が発生しにくい環境を作るのが望ましいとされています。

 

ニキビの原因としては大人の方が原因が無数にあると言われているのですが、まず原因としては思春期と同様に皮脂過剰分泌からアクネ菌増殖によるもの、そして大人になってからはストレスが原因になったり睡眠不足や食事等様々な原因が絡み合って出来る事になり治療が難しいです。

 

基本的に対策としては生活習慣全般を見直して、ニキビが起こりにくい体質に変えてあげる事が望ましいです、体質を変える為には食事や運動を行って代謝が良く免疫力が高い状態を作るのが効果的で、食事に関しては腸の状態を美しくする事で体全体の栄養素が巡りやすくなったり、老廃物を取り除く効果が高くなりますし、睡眠時にも体の修復機能がアップします.

 

ですから食物繊維がたっぷりある食事を取ってお通じをよくしてあげる事で体全体の調子も整いますし、菌が増殖しにくくなります、運動を加えて行く事で、血流改善から免疫力、代謝力アップにもつながるので、ニキビが治らないと悩んでいる時は、体全体の調子を整えていく事が望ましいです。

 

そうして体の状態が整っていくとニキビが出来にくい体質に変わっていくので、治療を行いやすくなります。