根本的なニキビ治療には漢方がおすすめ

漢方薬は体質を改善する効果が高く、ニキビ治療にも用いられています。漢方薬局でニキビの症状や体質にあった漢方を処方してもらうこともできますが、保険診療ではないので費用が割高になってしまいます。
近頃は、保険診療で漢方を処方してくれる皮膚科やクリニックが増えています。
漢方はドラッグストアでも取り扱っているのでお試しに向いています。

 

○漢方の特徴は?
体質や症状を見ながら体内のバランスを整え自然治癒力を高めていきます。ニキビ治療の場合では、ホルモンバランスを整えたり免疫力を高めたりする漢方が使われます。
その他、肩こり、冷え性、生理痛などを漢方で緩和しながらニキビの根本治療をすすめていきます。

 

○大人ニキビの漢方薬
・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
冷え性や生理不順に用いられ女性によく処方されます。

 

・加味逍遙散(かみしょうようさん)
イライラ、便秘、生理不順の改善に効果があるとされています。

 

・荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)
皮脂の分泌が多く、小さいにきびができやすい方に向いています。鼻炎の改善にも使われることがあります。

 

・清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)
皮脂の多い部分に赤ニキビができやすい方に向いています。

 

・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
のぼせや赤ら顔の方で、生理痛が重い方のニキビ改善に処方されることがあります。